自筆証書遺言とは、読んだ字のごとく『自分で書いた遺言』ということです。自筆証書遺言は民法によってさだめられています。

民法の条文

民法 第968条 【 自筆証書遺言 】

  自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、自筆証書にこれと一体のものとして相続財産(第九百九十七条第一項に規定する場合における同項に規定する権利を含む。)の全部又は一部の目録を添付する場合には、その目録については、自書することを要しない。この場合において、遺言者は、その目録の毎葉(自書によらない記載がその両面にある場合にあっては、その両面)に署名し、印を押さなければならない。

3 自筆証書(前項の目録を含む。)中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

条文の解説

遺言書を書いた日付を入れなければならない
○年○月○日に書いたのを特定する必要があります。『平成18年5月』では日がはいっていないため無効です。
氏名を書かなければならない
必ず 氏・名 を書いてください
氏がなくても有効とされた例や、ペンネームが有効とされた例もあるようですが、条文通り氏名を書くのが一番安全です。
印鑑を押さなければならない
押印が無いと無効です。
印鑑には特に決まりは無いので認印でもかまわないのですが、実印等を押印し遺言書の真正をアピールする方がより良いと私は考えます。100円ショップなどの物は避けた方が無難です。
全文、日付及び氏名を自書 しなければならない
遺言の内容を含め氏名、日付に至るまで『自書(直筆、肉筆、自筆・・)』で記さなければなりません。
ワープロを使ったり代筆を頼んだりすると、無効になります。
ただし、財産目録についてはワープロ等で作成した物や、通帳のコピーなどでも有効です。ただしすべての用紙に(両面に記載があれば両面ともに)氏名、押印が必要です。
訂正は細心の注意が必要
条文を読んで、理解できなければ 『書き直し』してください。
(例)8行目に書かれた100万円を250万円に変えたいときは10に取り消し線をいれ、すぐそばに25と書き入れ、押印する。そして、遺言書の最上部等に『8行目2字削除2字加入 氏名』などと書き入れる
これらが必要になります。
訂正の方法が間違っているだけで、無効とされかねませんので、『書き直し』を強くお勧めします。

tensaku.gif