遺言の決まり

遺言には自筆証書や公正証書といった方式の違いがありますが、どの方式にもあてはまる決まりごとがあります。ここでは、押さえておかなければならない決まりを説明します。遺言・これだけ...

続きを読む

自筆による遺言とは

自筆証書遺言とは、読んだ字のごとく『自分で書いた遺言』ということです。自筆証書遺言は民法によってさだめられています。 民法の条文 民法 第968条 【 自筆証書遺言 】 ...

続きを読む

遺言書の書き方

前ページ『自筆による遺言とは』の「条文の解説」の項目を守るのは当然として、ではどのように書いていけばよいでしょうか。わかりやすい遺言書を作るためには遺言とは最後の意思表示で...

続きを読む

遺言書のサンプル

自分で作る遺言書(自筆証書遺言)のサンプルを用意しました。1、シンプルな例遺言書私が死亡した場合、遺産は次のように分けるものとする。一.妻 A子には次の財産を相続さ...

続きを読む

注意点

一部重複する事もありますが、これだけは抑えておきたい自筆遺言の注意点 法律上必ず守らなければならない事 二人で一通の遺言は無効 氏名が必要 日付が必要です。 押印...

続きを読む

遺言執行者について

遺言執行者とは読んで字のごとく『遺言を執行する者』のことです。 法律論で言えば「遺言の内容は死亡と同時に実現」するので、たとえ名義が遺言者のままでも、法律上は相続人の持ち物に...

続きを読む

検認手続き

公正証書で作成した遺言を除き、遺言書は家庭裁判所の検認を受ける必要があります。 検認とは遺言の変造等を防ぐと共に、相続人に遺言の存在とその内容を知らしめるという効果があります...

続きを読む