検認手続き | 自筆証書遺言作成サポート

検認手続き

公正証書で作成した遺言を除き、遺言書は家庭裁判所の検認を受ける必要があります。

検認とは遺言の変造等を防ぐと共に、相続人に遺言の存在とその内容を知らしめるという効果があります。

検認が済んでいない遺言では、各種手続はできませんので必ず検認が必要になります。

また、遺言があることを知りながら検認を怠った場合、5万円以下の過料(罰金のようなもの)に処せられますので注意が必要です。

検認の手続きは、遺言者の最後の住所地(住民票があった場所)を管轄する家庭裁判所に申し立てます。

tensaku.gif