遺言執行者について | 自筆証書遺言作成サポート

遺言執行者について

遺言執行者とは読んで字のごとく『遺言を執行する者』のことです。

法律論で言えば「遺言の内容は死亡と同時に実現」するので、たとえ名義が遺言者のままでも、法律上は相続人の持ち物になります。
しかし現実の社会生活上はそうも言ってられません。きちんとした手続を経た上でないと、預貯金一つままなりません。

遺言を実現するのは本来相続人の役目です。しかし相続人が積極的に動くとは限りません。また負担も少なからずあります。

遺言で「遺言執行者」を指定しておけば、それら手続はすべてその執行者がすることになります。また相続人といえど、遺言執行者の妨害をする事は許されません。

また様々な手続きに『相続人全員の印鑑』などを要求される事が多いのですが、遺言執行者が指定されていれば、遺言執行者の印鑑ひとつで手続ができるようになります。

遺言執行者は誰でもよく(未成年者、破産者を除く)、相続人の一人を指定してもかまいません。

遺言執行者に指定されても拒否することはできますので、事前に了承を得る必要があります。

tensaku.gif